« ●ヒーリングデザイン概論 2016 | トップページ | ●水戸芸術館、ワークショップ »

2016/08/09

●玩具デザイン演習2016

女子美術大学 アート・デザイン表現学科 ヒーリング表現領域 3年 選択必修
 

今年も傑作ができました  2016.11.24 11.30   Ver..3
《転がる おもちゃ、転がす おもちゃ》 (今後も少しずつ更新するかもしれません)

履修学生19人全体のレベルが高かったです。
アイディアに優れ、完成度が高く、美しい作品が、たくさん生まれました。

今年はとくに学生のみなさんの雰囲気が良く、私も楽しく担当できました。
その秀作の中から、写真で魅力が伝わりやすい作品をご紹介します。

・動きの面白いコマなど、他にも素晴らしい作品が多数できました。
学生のみなさんへ/参考作品は、次年度学生へのヒントにするために選びましたので、評価とは一致しません。

 ↓ クリック拡大
Img_1526nn_3Img_1524nn_4
Img_1521nn_4Img_1529nn_4
※いかなる模倣も禁じます。Copyright © 2016  All Rights Reserved.
上左/Komiya:コロン、コロンと転がり、繊細な鈴の音が響きます。
上右/Kuranuki:磁石で連結しているので、単体でも遊べます。
下左/Toyooka:トレーを両手で持って傾けると、生き物のようにクネクネ動きます。

もうすぐ始まりま〜す。 2016.10.         Ver..0
日程表とブログを見て待っていてください。
・演習の初日は、おもちゃ創造法「ねもとメソッド」の講義です。よろしく。

履修希望者、定員オーバーにつき調整。。。   2016.8. Ver.1.02
希望者が定員を大幅に超えたので、適正人数に調整していただきました。
昨年の参考作品や当ブログを見ての、履修選択。たいへん うれしく思います。
可能なら全員を受け入れたいのですが、部屋のキャパシティ的にかないません。
電動工具を使う危険な作業をするので、空間の余裕も必要です。
どうぞ、ご理解ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・

« ●ヒーリングデザイン概論 2016 | トップページ | ●水戸芸術館、ワークショップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ●ヒーリングデザイン概論 2016 | トップページ | ●水戸芸術館、ワークショップ »