« ●ヒーリング・デザイン概論 2012 | トップページ | ●アトリエ ニキティキ 見学 »

2012/10/27

●子どもの道具デザイン演習B (玩具) 2012

●テーマ 転がるおもちゃ、転がすおもちゃ

●動 力 紐をもって引く 斜面を転がす 手で押す

●発 想 リサーチ(needs)から導き出す方法よりも、
     素材や動きの面白さ等(seeds)から考える方法を重視する。

     (別の表現をすれば“手で考える”)

●目 標 オリジナリティのある面白いアイデアと美しさを備えたおもちゃを創作する。

●素 材 木を主に  他の素材も使用
●形 態 立方体、円柱、球体などの幾何形を組み合わせた抽象形
     または 動物や車などの具象形、あるいはこれらの融合形。
 
 

Img_2686nn_2


《ねもとメソッド》で言うところの〈機能創造タイプおもちゃ〉は、

アイディアスケッチからは生まれません。

世界中の誰もが未だ知らない

“おもしろい動き・楽しい遊び・新しい機能”のタネ(Seeds)が、

見慣れた日常のすぐ隣に隠れています。

様々なモノに触れながら、頭と手を連携させて

その宝のタネ(Seeds)を発見しましょう!



Img_2737nn_2
 
 

seedsを発見したり創造的な作品として仕上げるためのノウハウは、

演習の過程で学生の皆さんにお伝えすることとし、

このブログでは、演習の一端を写真とともに簡単にご紹介

します。

Img_2722nn

Img_2692nn

 

 

Img_2762nn

Img_2750nn

Img_2684nn

Img_2700nn

Img_2755nn

 

ひょっとすると、 世界がアッと驚くような作品が生まれるかもしれません。

どうぞ、お楽しみに。            ーーーつづくーーー


 

« ●ヒーリング・デザイン概論 2012 | トップページ | ●アトリエ ニキティキ 見学 »